ブログの炎上を防ぐために必要な知識を学ぶ総合サイト

>

思わぬ炎上!理解しておこう

少し前の炎上、覚えていますか?

有名人などのブログに書き込まれたことが炎上しました、とテレビでよく聞きますよね。
少し前の炎上って、思い出せませますか?
例えば、某タレントの差別発言など、たくさんありますよね。
売名行為として炎上を起こしたと言われている人もいます。
しかし、思い出せと言われても意外と思い出せないものでは?
最近は炎上をするとすぐにテレビや雑誌などでたたかれてしまいます。
有名人の方は目立つので仕方がないかもしれませんが、SNSでは一般の我々も多数から攻撃を受けてしまうかもしれません。
いわれのない炎上は、炎上させた方が悪いのでしょう。
しかし、簡単なことで炎上を防ぐことはできます。
まずは、あなたが炎上させる側にならないようにしましょう。

「加害者」にならないために

以前、とある方をツイッタ―でひどい言葉で批判したら、訴えられて高額な賠償を求められた・・・ということがありました。
書き込んだ方は軽い気持ちだったのでしょうし、まさか「ご本人」が見るとは思ってもいなかったのでしょう。
しかし、現状はだれでも見ることができ、特定の誰かを示唆して書けば、その人物が見る可能性はかなり高いのです。
また、本人が「これは侮辱だ!」と思ったら、訴えられて、自分のその後の人生に暗い影を落とすことになってしまうのです。
SNSは自分の意見や感想などを発信する場ではありますが、「相手にこんなことを言ったら、どう思うだろう?」「嫌な気持ちにさせないかな?」と投稿する前に一度考えてみてください。



TOPへ戻る